離婚をする際に残った住宅ローンを精算【任意売却】

離婚時の財産分与と任意売却

離婚をする際には財産分与を行いますが、マイホームの財産分与において住宅ローンの返済がまだ残っているという方も少なくないです。そういった場合は金融機関に許可を得て任意売却をして財産分与するというのが一般的です。

 

 

離婚時の財産分与と任意売却についてはいくつかの方法とケースがありますので、そのケースごとによってその後の財産分与の方法も変わってきます。

 

まず任意売却を行った際に売却益が残りの住宅ローンよりも大きかったというのがあります。どちらかというとこのケースは少ないかもしれませんが、この場合は返済をして残った金額を夫婦で等分するというのが一般的だと言えるでしょう。

売却してもローンが残ってしまう場合でも大丈夫

また、多くの場合では任意売却をしたとしてもその売却益よりも残りの住宅ローンの方が多くなるかと思います。このケースの場合はその後どうするかを話し合う必要があります。

 

一つの方法としては夫の名義で夫が住むという方法。これはシンプルでわかりやすい解決法です。もう一つの方法は夫の名義だが妻が住み、妻が夫に賃料を支払うという方法。この方法だと賃料の設定が難しいですし、離婚してもある程度夫婦間の関係が良好でないとうまくいかないという可能性も高いです。