任意売却は不動産の任意整理

債務整理の任意売却は不動産の任意整理

債務整理の方法として任意売却というものがあります。

 

この任意売却という手続きは不動産を扱う場合につかわれます。よく似た手続きで競売というものがあります。

 

どちらも、不動産を売却する手段ですが、競売となると、これは裁判所が行う処理で強制執行なのです。ですから、待ってはくれません、なるべく早く売却を行いたいのですぐに引き取られ処分となります。

 

それでも不足したといったケースとなるともう、なにも残りません。

 

そこで出てくるのが任意売却です。

任意売却を知ろう!!

この手続きは基本的に自分の意志で売却といった形になります。

 

こういった手続きを行うにはローンが残っている関係上、金融機関が許可をだしてくれないとできません。

 

しかし、大抵の場合許可がでるようです、これは回収できないより借金の回収が可能となる可能性があるためです。

 

そしてこれなら基本は任意で行いますから、市場価格での売却が期待できます。また、取引そのものが通常の不動産取引なので売りに出した原因が周囲にもわからないといったメリットもあります。

 

この手続きを行う場合はとにかくタイミングが大切です。

 

時間にゆとりがあればそれだけ有利な条件が引き出せます。

 

早めの判断をすることが大切なポイントとなる方法でしょう。