競売までのスケジュール【住宅ローン滞納】

競売までのスケジュール

 

 

借金が返せなくて返済が滞り、とうとう裁判所から自宅を競売にかける、との通知が届いたら、もう迷っている暇はありません。

 

同じ自宅を販売するのなら、売れても安い価格で利益が残らない競売物件での販売よりも、正規の値段で販売できる任意売却という方法を取りたいものです。

 

でも、通知が届いたと言うことは、裁判所から競売にかける許可が正式に下りたということです。

 

このまま何もせずにいると自宅を競売物件として売りに出され、借金もそのままで自宅まで失い出て行くことになります。

 

競売までのスケジュールは金融機関から借金返済の督促状が自宅に届いて、次に分割でローン代を支払う権利を失います、これを期限の利益喪失といいます。

 

 

やがてお金を借りた金融機関から保証会社が代わりに返済を求める相手となり、裁判所から競売の決定通知が届き、裁判所の執行官が自宅の調査に訪れて、競売の入札を決定された通知が届きます。

期間入札が開始する時期

その後広告に載り期間入札が開始される運びとなっています。

 

ここまでにかける時間は半年以上経過していますが、この間の少しでも早い期間に任意売却を専門家にお願いするのが得策です。

 

自宅を手放すのは辛い判断ですが、この場合は迅速にことを進める必要があります。

 

任意売却するにも手続きに一定の期間が必要ですので、期間入札が決定してから任意売却を決意してたのでは手遅れになる可能性もあるのです。