競売の対象となるケース【住宅ローン滞納】

競売の対象となるケース

マイホーム購入のために住宅ローンを組むのが一般的ですが、その際に担保設定するものが購入するマイホーム(土地や建物)になります。

 

もし完済するまでにローンの返済が滞り、事実上返済不可能となった場合は担保であるマイホーム(土地や建物)を売却し、残りの返済分に充てることになります。

 

売却するには競売と任意売却という2つの選択肢がありますが、ここでは競売について触れたいと思います。

 

金融機関はローンの支払いが滞った購入者に対して催促の連絡を入れますが、支払いを全くせず、話し合いに応じないような購入者に対しては法的措置、すなわち競売を視野に入れ対応してきます。

 

ただ、市場価格より安く売却される競売よりは任意売却のほうがまだ高く売れ、債権回収率も高いので、金融機関としては即座に競売の申し立てを裁判所に起こすことはしません。

 

しかし購入者側がいつまでも放置していると、そのうち競売の申し立てがなされ、競売開始決定通知書が送られてきます。

競売の流れ

まとめますと競売は、債権者(金融機関や消費者金融)が裁判所に申し立てを行ない、裁判所が債務者(ここでは購入者)に執行する、という流れです。

 

ちなみに申し立て主が金融機関ではなく保証会社の場合がありますので、この時に返済の交渉をしたい、任意売却を申し出たいと思えば、相手は金融機関ではなく保証会社になります。

 

購入者が自己破産した時も競売になります。破産申し立てを行なったあと、破産者に不動産等の財産があると判断された場合は、破産管財人によりそれら財産の換価がなされ、債権者に配当されます。

 

この時の不動産の売却が競売にあたります。買受人(落札者)が出てくるまでであれば、競売を取り下げてもらい、任意売却を利用することは可能です。