リースバックとは【住宅ローン滞納】

リースバックとは

 

資金繰りが悪くなった会社が自社ビルを売却し、そのビルを賃借して使い続けるということがあります。

 

会社側は当座の資金を確保することができ、買った側は最初から入居者が決まっているビルを取得したわけです。

 

双方ともに悪い話ではありません。

 

このスキームは、任意売却にも応用することが可能です。要は不動産投資を考えている人に住宅を売却し、自宅を賃借して住み続けることができるのです。

 

もっとも少し考えていただければわかる通り、そのような都合のいい投資家が現れなければ不可能なスキームです。

 

いったん賃借してしまえば借家人になるわけですから、ある程度借家法により権利保護もされるのですが、投資家がいなければ話になりません。

 

もし、親類等で援助してくれる人がいれば、その親類に不動産投資をしてもらうのが一番安心です。

 

しかし、その親類も即金で買取ができるわけではありませんし、銀行との交渉という関門が待ち構えています。

 

専門の不動産屋に仲介をしてもらうのが一番です。

 

あまり、現実ではないスキームかもしれませんが、自分の家に住み続けることができるという点では一番理想的な方法です。

 

不動産屋に依頼する際は、まずダメもとでリースバックを検討することをお勧めします。