住宅ローン銀行からの代位弁済通知が届いたら

代位弁済通知書が届いてから住宅を守るには

代位弁済通知後に自宅を守る方法

代位弁済通知書が届いてから、自宅を守る手段についてまとめました。
すでに代位弁済通知書が届いているということは、が2ヶ月以上続いているはずです。
ここから2ヶ月以上経つと競売が始まってしまいます。
競売開始決定通知が届いてからでは、自宅を守るための手段が殆ど使えません。
下記の3つのポイントを確認して、今すぐに専門家へ相談してください。

 

代位弁済通知書が届いたら、自宅を守るための手段

 

住宅ローンの金融機関へリスケジュールをお願いする。

住宅ローンの支払いが難しいのが一時的な場合や、支払額を少し減らすことで支払いを続けることが可能な場合は、相談に乗ってくれる金融機関もあります。

 

個人民事再生手続きを取る。

自己破産とは違い、自宅を売らずにその他の債務を大幅に免除してもらえる個人の民事再生法です。継続した収入が見込める場合は一度検討する価値があります。

 

リースバックという方式を利用して、一旦自宅を身内や投資家に売却して、家賃を支払って住み続ける。

身内の人などに自宅を安く購入してもらい、家賃を支払って住み続けるという方法があります。身内に購入できる人が居なくても、こうしたリースバック物件を購入して資産運用している投資家が居るので、投資家に購入してもらうという方法もあります。


住宅ローン銀行からの代位弁済通知書

住宅ローンの悩み

住宅ローンの支払いを3ヶ月から6ヶ月程度滞ってしまうと、銀行から代位弁済通知書というのが届きます。
簡単なはがきのようなものの場合もあります。

 

「お支払いのお願い」などとやさしいタイトルで送られてきますが、内容は非常にシビアなものとなっています。

 

代位弁済というのは、銀行への支払いが滞っているため、回収不能ということで「保証人である保証人協会に代わりに支払ってもらいます。」という通知です。

代位弁済通知書の見本

催告書督促状

専門家を選ばないと痛い目にあいます

一番最後まで支払いを止めたくない住宅ローンが3ヶ月以上滞っているということは、多重債務に陥っている方でしょう。
家族には知られないように必死に隠していますが、そろそろ隠すにも限界が近づいていることと思います。

 

ここから先、インターネットで情報収集しているあなたが行き着くところは、任意売却を商売としている業者やコンサルタントに食い物にされてしまうような状況です。
自分では一生懸命、活路を見出すために情報収集しているつもりなのに、ありえないような“おいしい話”に乗っかって、更に深みに落ち込んでしまうのです。
インターネットの情報というのは、溺れて困っている人に沢山のロープを投げ込んでくれますが、本当に救ってくれるロープは非常に数少ないのが現状です。
変なロープをつかんでしまうと“身ぐるみはがされて”水の中に落とされます。

 

これは経験者でなければわからないことですが、この追い込まれた状態のときというのは、どんなにがんばっても頭が正常に働きません。
マイナス思考で疑心暗鬼のどん底状態です。
後で考えれば、なぜこんな簡単なことに気付かなかったのだろう?ということばかりです。
人間の脳はマイナス思考の時には、身を守るために能力が低下して行動できないようになっているそうです。
正にこの状態で一生懸命がんばるということは、底なし沼で必死にもがいているのと同じことなんです。

上辺だけではなく本当にあなたのためを考えてくれる専門家を探しましょう

このような経験をした私は、どのような道を選んだかというと、専門家に相談するというものでした。


専門的な知識を持っていて、第三者の目で、私の利益を最優先に考えてくれる人に相談することで救われました。
利害関係の無い第三者というのがポイントです。

 

基本的に任意売却の業者やコンサルタントは、まず家を売らなければ利益を取ることができません。
そして、私は出来るだけ家を売りたくありません。

 

ここでお互いの目的がかみ合わないということをよく理解してください。
相談する相手を間違えると更に深みにはまってしまいます。